FXの基礎訓練
RSS Twitter Delicious

短期取引

FXの投資で短期取引を繰り返すことで、1度の利益額は少なくても1日単位ではある程度まとまった金額を稼ぎ出すことも可能です。FXは経験の浅い投資家の方々も今では稼ぐことができる金融取引の一種です。

FXではいくつも取引口座を持つことができ、投資家人気の高いFX業者の口座を開くことが大切です。短期取引がやりやすいFX業者は沢山あるので、よく選ぶようにするのが肝心です。相場の状況が比較的緩やかな現在はFXをはじめるいい機会です。


















 



メタトレーダー利用者数激増その訳は?


de8最近、メタトレーダーを利用する人が多くなってきているそうです。では、どうして使い方簡単なMeta Traderを利用する人が多くなっているのでしょうか?その理由は、メタトレーダーというのは多くのメリットがあるためなのです。ここでは、メタトレーダーのメリットについてご紹介しましょう。メタトレーダーのメリットは、やはり非常に多くの機能があるにも関わらず、利用するのは無料であるということです。

さらに、プラットフォームとしてトレーディングのために導入しているFX業者が、世界中に非常に多くあるため、利用者としては選択する幅がそれだけ広がることになって安心できます。次に、メタトレーダーのメリットは、FXツールの統合的なものである、ということです。

FX用としてのチャート以外にも、売買のためのプラットフォーム、さらにシミューレーションが可能な機能も持っているのです。このシミューレーションが可能な機能は、自動売買ソフトのバックテストの際にはどうしても必要であるため、可能な限り検証を自分で行うことが可能なように使用方法をマスターしましょう。

メタトレーダーのメリットは、このように世界中のユーザーに使われているため、いろいろ有効に利用することができるリソースがあるということです。販売されているインジケータ、自動売買ソフトも多くあります。また、配布が無料で行われている優秀なシステム、インジケータも入手することができるため利用するのがお得でしょう。

最近、メタトレーダーは、パソコン用以外にも、スマホ用のものも利用できるようになってきています。さらに、メタトレーダーを使用する環境について、いろいろなサービスを行っている業者があるということもメリットの大きなものです。例えば、自動売買をメタトレーダーで行う場合、安定して使うことができることが必要になってきます。

自分のパソコンから個人のインターネット環境でメタトレーダーを直接稼動すると、やはり回線切れというような最悪の場合を避けることができません。そのため、リアル口座をレンタルサーバー上で運用するとこのような問題は逃れることができます。

さらに、最近ではメタトレーダーを導入していないようなFX業者のプラットフォームとメタトレーダーを接続する、ブリッジ・ソフトウェアというものをサービスするような業者も登場してきています。自分のトレード方法によって、メタトレーダーを上手に利用していくといいでしょう。

バーチャルトレード

FXにどんなイメージをお持ちですか?レバレッジを利用して資産を効率よく増やせるのがFXの魅力です。株であれば10万円入金すれば10万円分の取引しか出来ませんがFXにある25倍の最大レバレッジを利用することで10万円で250万円分の取引が可能です。

その点を踏まえると株よりも効率の良い投資だと言えますが、レバレッジがある分、失敗したときはとても速いスピードで資金が減っていくことになります。いきなり始めて大切な資金を失うのは非常に怖いですよね?そうならないためには本番の取引の前に十分な練習をすることです。口座を開設すれば仮想資金を使って資産を増やしていく感覚を掴むためのバーチャルトレードが無料で体験できます。では、バーチャルトレードにはどんなメリットがあるのでしょうか?

最大のメリットは失敗してもお金を失わないことです。本番で失敗すれば資金が減るため冷静でいられません。資金を取り戻そうと熱くなってハイレバレッジで挑んだり、何度もエントリーを繰り返して資金を減らす危険もあります。最終的には資金が尽きてFX退場を余儀なくさせられるかもしれません。大切なことは熱くならないこと、熱くなる危険性を身をもって体験することです。本番でその感覚を体験しようと思うとリスクが伴うので、バーチャルトレードを利用します。レバレッジを25倍にしてポジションを持ってみましょう。

損切りはすべて10PIPSで統一します。まず、1000通貨で、わざと負けます。どんな気持ちでしょうか?ポジションが少ないため、精神的負担は少ないかもしれませんがショックですよね。次は取り返そうと思うことを想定してロットを増やし、1万通貨で負けます。100円の損を取り返そうとしたことで、さらに1000円の損失を出しました。最後はもっとやけになって10万通貨で負けます。トータルで1万1100円の損失が決定したところで、熱くなることの危険が少しはわかったのではないでしょうか?その経験により、慎重にやらないといけないと思えたらバーチャルトレードは十分意味があります。

他のメリットは、練習なので失敗したとしてもどこが良くなかったのか?次はどうすれば上手く行くのか?考えて本番に生かせることです。良い点がたくさんありますが、バーチャルトレードでは緊張感がありません。本当のお金を扱っていないため、どうしても気楽になりがちです。本番では緊張感を持つことが大切ですが、それがないためになぜか本番では上手く行かないこともあるようです。