FXの基礎訓練
RSS Twitter Delicious

短期取引

FXの投資で短期取引を繰り返すことで、1度の利益額は少なくても1日単位ではある程度まとまった金額を稼ぎ出すことも可能です。FXは経験の浅い投資家の方々も今では稼ぐことができる金融取引の一種です。

FXではいくつも取引口座を持つことができ、投資家人気の高いFX業者の口座を開くことが大切です。短期取引がやりやすいFX業者は沢山あるので、よく選ぶようにするのが肝心です。相場の状況が比較的緩やかな現在はFXをはじめるいい機会です。


















 



外為トレードにおける円高円安の影響と重要性について


de8f外為トレードとは、世界の通貨の相互の価値関係が刻一刻と変化し続けているのを利用し、その価格差から利益を出すことです。

そのため、デモ口座が使えるアイフォレックスなどの外為トレードで儲けたい方は為替の動きについてよく学んでおかないと利益を手にすることはありえません。円と世界の基軸通貨であるドル、世界一の市場の通貨であるユーロの関係はチェックしておかなくてはいけません。我々日本で生活する者にとって円という通貨は特別なものでありますので、それと世界で特に有力なドルとユーロとの組み合わせは非常に人気があります。

そのため、円高、円安についてよく理解をしておく必要があります。外為トレードの初心者の方、またはまったくしたことない方でもその言葉はニュースなどで聞いたことはあると思います。円高、円安はドルを基準としてとらえるものが一般的で、例えば1ドルの値段が100円だったのが80円になったら円高、120円になるのは円安です。前者は100円出さないと買えなかったのが80円まで下がった、つまりは円の価値が高まったから円高と言います。

後者は逆に120円と余計に円を払わないと行けなくなったので、円の価値が下がってしまったことにより円安と言います。円の数字が下がったのが円高、上がったのに円安、というのが少々ややこしくはありますが、そういうものだと理解してください。さて、それでは円高、円安がどう外為トレードに関わってくるかというと、例えば円高局面では外貨で利益は出しにくい、ということになります。なぜかというと、円が上昇傾向にあると買った外貨の価値がそれだけ下がっていくからです。なので、通常では外貨預金、外国株式などの外貨が関わる投資では円高は嫌われるものなのです。

しかし外為トレードは「買い」と「売り」、どちらからでも取引を始められます。両方向へのポジション建てができるので、市場が円安なら「買い」、円高ならば「売り」と使い分けることができます。そのため、市場がどう動くかではなく、どこまで正確に動きを読めるかが勝負となります。そういうわけで、他の外貨投資では利益を出しにくい円高傾向の場合には外資FX企業の取引高は増加する傾向になるのです。外為トレードはどれだけ為替市場の動きを正確に捉えられるかが勝負になっているので、円高、円安を初めとした様々な経済に関する知識とその関係性をよく把握しておく必要があります。